栄養価が高いから健康になれる確率も高い ?>

栄養価が高いから健康になれる確率も高い

自然食品が健康にいいというイメージがあっても、なぜ健康にいいのかあなたは説明出来ますか?
健康にいい理由はいくつもあるので、紹介したいと思います。

化学物質を使用しないから身体に優しい

まず自然食品には農薬等の化学物質が使用されていません。
農作物を植える年だけ農薬を使わないのではなく、農地にも残農薬がないように2~3年その土壌で農薬が使われていない事。
そして遺伝子組み換え等の種を使用していない事、使用されている飼料も有機である事などが決められています。

その結果有害な化学物質が、作物に含まれていない、身体に優しい食品だと言えるでしょう。
実際のところ、農薬を使用している農作物を食べても、食べた食後に身体に支障が出る事はまずありません。
しかし、何年も何年も食べ続けるうちに、体内に少量であっても有害な化学物質が蓄積されていけば、それが原因で病気になる可能性はゼロではありませんよね。
身体に悪いと分かっていて食べるよりも、身体に安全なものを食べたいと思うのは、当然の心理と言えるでしょう。

自然食品は栄養価が高い

そして化学物質を使用しない農作物は、農薬の力を頼らないため、自然の力がとても強いのです。
食品スーパーで売られている農作物は、昔と比べて栄養価が落ちているため、1日に必要な栄養素を全て食品から摂取しようと思ったら膨大な量の食事をしなければいけません。
しかし食事量が多すぎるという事は、過剰摂取になりますから、決して健康にいい状態とは言えませんよね。
そのため、不足している栄養素に関しては野菜ジュースやサプリメントで摂取するという人も少なくありません。
ですが、栄養価が高い農作物であれば、膨大な量の食事をしなくても適量で、必要な栄養素を摂取する事が出来るというわけです。

また自然食品は栄養のバランスがいいと言えるでしょう。
どういう意味かと言うと、野菜ジュースやサプリメントなど人工的な成分は、確かに必要な栄養素を効率よく摂取する事は可能です。しかしビタミンCならビタミンCが配合されたサプリメントを摂取するよりも農作物から他の成分と一緒にビタミンCを摂取する方が栄養のバランスがよく、さらに体内の吸収率が高いと言われています。
つまり、ストレスがない状態だからこそ、健康にいいと言えるのではないでしょうか?