自然食品の定義って一体なんだろう ?>

自然食品の定義って一体なんだろう

人の身体は食べた物によって作られます。
つまり栄養価の高いもの、身体に害を与えるものが一切含まれないものを食する事が理想です。
しかし、スーパーに売られている食品は、果たして本当に安全とは言えるのでしょうか?

自然食品の定義

言葉の定義としては、普通に市販されている同種の食品と比べて自然に近いと考えられる食品となっています。
しかしこの説明では、普通に市販されている食品がどれぐらい自然ではないのか、何が線引きの基準になるのか分かりません。

混合されやすい言葉として「オーガニック食品」「健康食品」「有機食品」「無農薬食品」なども挙げられます。
ちなみいオーガニックと有機は同じ意味の言葉ですから、オーガニック食品=有機食品という認識でOKです。
そして定義は、農薬や化学肥料に頼らずに、自然の恵みを生かして作られた食品の事です。
定義を見れば、農薬を使っていないので、無農薬食品も含まれる事が分かります。

健康食品は実は法律上の定義が存在しません。
ただ、広く健康の保持増進に資する食品で、国が定めた安全性や有効性を基準を満たしている食品の事です。
定義や言葉の違いを考えると、難しく思うかもしれませんが、私たちが日常生活で口にしている食品は知らないだけで身体に危険なものが含まれている可能性があります。

そして、安全な食品を口にしたいという人が増えてきたからこそ、いろいろな名称の安全に拘った食品が増えてきたと考えるといいでしょう。

理解しやすい自然食品

冷凍食品や加工食品など、手が加わると基準が難しくなってしまいます。
なので最初は理解しやすい自然食品として有機農作物の特徴から紹介したいと思います。
有機農作物とは、農薬を使わずに作った農作物の事です。
ただし、その年だけ農薬を使わなければいいという基準ではありません。
植え付け前2年以上、農薬を使用していない土で作った農作物と定義されています。

さらに生産から消費者の手に届くまでの間に、化学肥料、農薬などの合成化学物質、生物薬剤、放射線物質などを使用していない事という条件が加わります。日本では有機農産物に関してはJASマークがついている食品は安全だと判断していいでしょう。

食の安全が叫ばれる時代だからこそ、今後ますます自然食品を支持する人が増えていくはずです。