認知症の主な原因疾患について ?>

認知症の主な原因疾患について

認知症とは、「記憶力・認識力・判断力・推理力などの知的機能の低下によってもたらされる生活障害」のことで、原因となる疾患があります。その中でもよく見られるものを取り上げて、その特徴を紹介したいと思います。

アルツハイマー型認知症
認知症の原因として最も多いものです。大脳の神経細胞の萎縮と老人斑と呼ばれるアミロイドβたんぱく質が脳内に異常に凝集し沈着した物質が脳に見られるのが特徴です。この老人斑は脳の神経細胞や神経のネットワークを破壊してしまうことがわかっています。

症状としては、物忘れから始まって徐々に進行していきます。運動神経は侵されないため、初期の頃、体はよく動きますが、次第に大脳機能が喪失して運動機能も侵され寝たきりになっていきます。

血管性認知症
脳の血管が詰まる「脳梗塞」や血管が破れることで起こる「脳出血」など脳の血管に障害が起きることで起こる認知症です。

症状としては、物忘れなどの認知機能の低下と麻痺や手足の震えなどの運動障害を伴うことが特徴です。
しっかりした部分とそうでない部分が混在するまだら症状を示す特徴もあります。

BPSD(行動・心理症状)と言われる意欲や自発性がなくなって落ち込んだり、些細なきっかけで泣いたり、興奮したりなど感情の起伏が激しくなることもあります。

レビー小体型認知症
パーキンソン病で見られるレビー小体というたんぱく質のかたまりである異常な構造物が、神経細胞を傷つけ壊してしまうことで起こる認知症です。

症状としては手の震え、小刻み歩行、手足の硬さ、仮面様表情といったパーキンソン病のような症状、見えないものが見えるように感じる幻視、認知症症状があるのが特徴です。

幻視に対して家族などが否定するとむきになって反論してきます。その他、便秘や失禁、立ちくらみなどの自律神経症状を伴う場合があります。

前頭側頭型認知症(ピック病など)
 高度な判断や注意を集中させる働きを担う前頭葉や、記憶中枢のある側頭葉を中心とした脳の萎縮が特徴的です。

前頭葉の働きが低下するために一般的なルールを理解できなくなり、人前で排便をしたり、陳列棚に売っている食べ物をお金も払わずにその場で食べてしまったりなどの反社会的行為をすることがあります。

落ち着かなくなり同じパターンの行為を際限なく繰り返す場合もあれば、非活動的、無関心となり、自発性が減退するときもあります。

記憶力は比較的初期の段階では保たれています。